スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lian-Li PC-A17

Lian-LiのPC-A17が発売になったということで、見に行きました。
いかにもLian-Liといった筐体ですが、シンプルすぎるデザインというか、もう少し工夫した方がいいような気もするエクステリアです。

pca17_1.jpg


最近のトレンドである上面ファン(このケースは14cm)とフロントポートだけでなく、電源スイッチ、リセットスイッチも上面にあります。個人的にはケースの上によく書類を置いたりするので、スイッチは前に欲しいところですね

pca17_2.jpg


筐体の造りはいつものLian-Liですが、日本では「シャシーはスチールにしろ」という人が多いかもしれません。良いところはフロントパネルが楽に外せたり、マザーボードベースが外れるようになっているところで、気楽にいじれそうです。

pca17_3.jpg


とにかく、フロントとリアに穴は開いていますので、通気性はあります。単にドライブを一つずつ入れるケースとしてはあまり面白くありませんが、5インチベイにいろんなパーツを入れたり、搭載パーツを工夫して冷却と静音の両立を目指したりいろいろ遊ぶベースの筐体としては良いのではないでしょうか。

pca17_4.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

新宿に出雲大社が

東京の六本木には出雲大社の分祠がお祀りされているのですが、
なんと新宿にも小さいですが祠があることを最近知りました。

shinjyuku_izumo1.jpg


また、お祀りされた由来が面白いですね。

この当たりは昔から水に縁があった
 ↓
ビル建設時に、水の神様弁天さまの像「恋弁天」を設置
 ↓
この像に願うと恋が叶うという話が広がる
 ↓
それならばと縁結びの出雲大社の祠ができる

「恋弁天」像を設置した時は単なるモニュメントだったかもしれませんが、
それが信仰になっていく、というのは神道らしいというか、日本らしいですね。

場所は都庁前の新宿住友ビルです。

shinjyuku_izumo2.jpg


shinjyuku_izumo3.jpg

手水の作法

神社にお参りする時にまず手を洗いますが、それにも作法があります。

1)右手でひしゃくを取り、水を汲む
2)まず、左手を洗う
3)ひしゃくを左手に持ち替えて、右手を洗う
4)もう一度ひしゃくを右手に持ち替えて、左の手のひらに水をためる
5)その水で口をすすぐ
6)もう一度左手を洗う
7)最後にひしゃくを立てて、残った水でひしゃくの柄を洗う
8)ひしゃくを戻す

文章にするとなんだか、ややこしそうに見えますが、つまり
 ひしゃくに直接口を付けない
ということが重要になります。
私も昔はやってましたが、、、、。

特価品

O2PCの倉庫にまだ旧Casemaniac時代の在庫が少し残っていることが判明しました。
保証なしのジャンク扱いになる物も多いですが、特価品コーナーを設けましたので、
よろしければご覧ください。

http://www.casemaniac.com/183.html

実はお金がないんです

全国の神社、神職の数はいくつかというと、

 神社数 約79,000社
 神職数 約21,700名
 (うち宮司 約10,600名)

これは神社本庁に登録されている数字で、私の所もそうですが、神社本庁の傘下でない神社もありますので、もう少し多いかとは思いますが、そんなには変わりません。

数字を見ればわかりますが、宮司は一人当たり平均7社の担当しているということで、皆さんが知っている小さい神社でいつも人がいなさそうな所は、どこかの神社の宮司が兼任していることがほとんどで、普段は熱心な氏子さんが面倒を見ていることが多いようです。

また、神職数より神社数の方が圧倒的に多いと言うことは、一社では一人も雇用できる分の収入がない、ということになります。みんなが知ってるような大きな神社は羽振りが良さそうに(?)見えますが、そういうところは本当にわずかです。

宗教、信仰の世界ですので、あまりお金のことを言ってはいけませんが、皆様のお近くに小さい神社があり、気に入って頂いていれば、多少のご支援をいただければ幸いですm(_ _)m

改めて

本日よりCaseManiacより、リンクしてもらえることになりましたm(_ _)m

以前のCaseManiac時代にお世話になりましたお客様の皆様、また仕入先の皆様に改めてお礼を申し上げます。
 5年ほどやっておりましたが、パーツ業界はお客さんの質がいいのか、本当にトラブルが少なかった、というのが印象的です。他の所の話を聞くと、例えば食品系、薬品系などは受け取り拒否とか、よくわからないクレームがかなり多いようで、大変だそうです。
 そんなことも、この業界を少しでも手伝いたいと思った大きな理由の一つです。

 基本的には4月から京都戻って、神主業?をやりますので、たいしたことはできませんが、多少のお役に立てればと思っております。
プロフィール

NX2000

Author:NX2000
現在、神主兼PCマニアの人。
その昔はPCパーツショップの店主だったこともあったりして。
現在、京都市在住。大学時代より長年名古屋に住んでました。
使っているケースはLian-Li PC-777A、HEC 7K09SB、SCYTHE TRIO

ケースマニアックサイトへ

ブログ主の神社サイトへ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。